起業して会社を起こす際に必要な費用について

起業の種類も多くある中で一番スタンダードは会社を起こす事だと思います。私は企業イベント制作の企画会社を立ち上げました。起業をする上で必要な費用を考えておく事が肝要です。会社を設立するには定款を作成して法務局で登記の申請をする手続きが必要になります。その手続きに必要な費用が約23万円です。会社の種類も株式会社や有限会社と様々で、株式会社設立実費としてやく20万円必要になります。内訳としては定款認定料が5万円の登記免許税が15万円です。株式会社を設立する際には必ず用意しなければいけないお金となります。その他にも設立代行手数料や会社印鑑作成料などが必要になりますが合わせて3万円ほどです。会社を設立する上でオフィスが必要になります。オフィスの選択肢としては賃貸オフィスやレンタルオフィス、自宅などがあります。賃貸で部屋を借りる際には、部屋を借りるときに必要な敷金や礼金などの初期費用を用意しなければなりません。場所や広さによって賃料も異なれば初期費用も変わってきます。起業をして会社を起こす際にも多くの金額が必要になるので確認する事が肝要です。